072-725-8555

〒562-0001 大阪府箕面市箕面5丁目12-71パークプラザビル箕面1階

MENU
WEB問診
ヘッダー画像

クローン病

クローン病|箕面駅より徒歩4分の内科、消化器内科 やすふく内科クリニック

WEB予約
WEB問診

クローン病とは

口腔内、小腸、大腸など、消化管のいたるところに慢性的な炎症をきたす病気です。

潰瘍性大腸炎とならび、代表的な炎症性腸疾患の一つです。

 

クローン病は、10歳代後半から20歳代の若年者に好発する病気で、発症年齢のピークは男性が2024歳、女性が1519歳といわれています。

男性と女性の患者比は21 、男性の方がかかりやすい病気です。

日本での患者数は増加傾向にあり、発症に至る詳細なメカニズム、性差をきたす原因は現在も研究段階にあります。

また、もともと体に備わっている自然免疫系の異常反応によって炎症が引き起こされると考えられています。

クローン病の原因

クローン病の発症メカニズムは、完全にわかっているわけではありません。

しかし、遺伝的な要因や環境要因、腸内細菌叢の変化などが複雑に絡み合い、異常な免疫応答を引き起こした結果、消化管での炎症が起こると考えられています。

 

発症率に人種差が認められること、家系内発症する例が認められることなどから、これまで発症に関与する遺伝子の研究が進められてきました。

自然免疫系に関わる遺伝子が数多く見つかってきていることから、自然免疫系の異常がクローン病発症に深く関わっていることが示唆されています。

 

環境因子としては、喫煙がクローン病発症のリスクとなり得ることが知られています。

また、衛生環境や食生活の影響も指摘されています。世界的にみても、早くから近代化が進んだヨーロッパや北米で患者数が多く認められます。

日本や中国といったアジアの国においても、西洋の食文化を取り入れるようになって以降、患者数の増加が報告されています。

クローン病の症状

クローン病の症状は、炎症を起こした部位によって異なり、小腸と大腸の発生頻度が高いといわれています。

患者さんの78割には、繰り返す腹痛や下痢が認められます。

また、小腸で炎症が起きることから、消化吸収の異常による体重減少をはじめ、全身倦怠感や腸管の壁に穴があく難治性の穿孔、癒着、皮膚と腸管、腸管と腸管の間などに通り道が出来る瘻孔、狭窄、閉塞などが起こることもあります。

検査・診断

繰り返す腹痛や下痢、発熱、体重減少などの症状からクローン病が疑われる場合には、さまざまな検査が行われます。

 

まずは血液検査を施行し貧血や炎症の程度を調べます。

次に小腸や大腸などの状態を調べるために画像検査を行います。X線検査(レントゲン検査)やCT検査などを行うこともありますが、大腸の内部を詳しく観察するために大腸カメラを行うことが一般的です。また、クローン病の確定診断のためには内視鏡検査で病変部の一部を採取し、顕微鏡で組織の状態を詳しく調べる病理検査を行う必要があります。

通常の大腸カメラで観察することができない小腸に病変があることが疑われるときは、カプセル型の内視鏡を用いたり、小腸内視鏡を使用することがあります。

クローン病の治療

クローン病の治療には、薬物療法や栄養療法などの内科的治療と手術などの外科的治療があります。

いまだ完治にいたる治療法は見つかっていないため、問題なく日常生活を送るために、症状のコントロールやQOL (生活の質) の向上を目的とした治療が行われます。

 

病変の部位や炎症の程度、合併症の有無などに応じて、薬物療法、栄養療法を組み合わせ、また必要であれば手術による治療が選択されます。

 

  • 薬物療法

抗炎症剤  (5-ASA) やステロイド、免疫調整剤、生物学的製剤や分子標的薬、CAP療法などの治療方法があります。病状の程度など考慮し治療方法が選択されます。

 

 

  • 栄養療法

通常の食事量を減らし、栄養剤を摂取する治療法です。

栄養状態の改善をはかるとともに、腸を休ませることができます。

クローン病は、食べ物をきっかけに炎症が引き起こされることがあると考えられており、それらを減らすことも目的としています。

 

  • 手術

腸の狭窄や合併症によっては手術が必要になる場合があります。

クローン病の根治は現在のところ不可能であり、手術後の再発、再燃やそれによる再手術も高率です。

 

  • 内視鏡治療

大腸の内部が狭くなって便通に支障をきたしており、年齢や全身状態などから手術をするのが難しい場合は、内視鏡を用いて狭窄した部位を広げる治療を行うことがあります。