072-725-8555

〒562-0001 大阪府箕面市箕面5丁目12-71パークプラザビル箕面1階

MENU
WEB問診
ヘッダー画像

胃がん

胃がん|箕面駅より徒歩4分の内科、消化器内科 やすふく内科クリニック

WEB予約
WEB問診

胃がんとは

胃がんとは、胃の壁のもっとも内側にある粘膜の細胞が、何らかの原因によってがん細胞になり増殖を繰り返すことで発生します。

胃がんは、大きくなるにつれて、徐々に胃の壁の外側に深く浸潤していきます。がんがより深く浸潤するにつれ、リンパ節や他臓器に転移するリスクが高まり、胃の外側にある大腸や膵臓、腹膜にも直接広がっていくことがあります。

胃がんの原因

胃がんは、発症に関わる要因がいくつか指摘されています。

喫煙習慣、塩分の過剰摂取、またヘリコバクター・ピロリ(ピロリ菌)への持続的感染などが、胃がんの発生リスクを高めるとされています。

胃がんの症状

胃がんは、がんの小さい早期の段階では症状が現れることは少なく、かなり大きくなって進行した段階であっても、症状が現れにくいことがあります。

主な症状としては、みぞおちの痛みや不快感、胸やけ、食欲の低下、吐き気などがあります。

これらは胃がん特有の症状というわけではありませんので、検査を行って評価することが必要です。

そのほか、胃がんからの出血のため、黒色の便が出たり、体重が減ったりするといった症状から検査を行い、結果的に胃がんと診断されることもあります。

検査・診断

がんが疑われる場合、必要に応じて次のような検査をいたします。

(1)血液検査

貧血や炎症の有無、肝機能、腎機能など全身の状態を把握するために血液検査が行われます。

また、血液検査は「腫瘍マーカー」と呼ばれるがんを発症すると体内での産生量が増える特定の物質の有無を調べることもでき、診断の手掛かりとなるだけでなく病状や治療効果を判定することも可能です。

 

(2)画像検査

がんの有無やがんの状態を調べるためには画像検査を行う必要があります。

胃がんを疑った場合、まずは胃カメラを施行し病変の有無、部位、進行程度を確認します。

より詳しい状態や転移の有無などを調べるには、CT検査やMRI検査が、PET検査が必要になることもあります。

 

(3)病理検査

胃カメラの際、がんの病変部の組織の一部を採取して顕微鏡で詳しく観察し癌の悪性度を診断したり、がんを引き起こす遺伝子変異の有無などを調べたりします。

胃がんの治療

浸潤の深さ、胃の組織の種類、大きさ、リンパ節転移 他臓器の転移によって治療方針が決定します。癌が粘膜内にとどまっていれば、癌が転移している可能性がとても低いので内視鏡的治療になります。

転移リスクのある症例もしくは転移が認められる例については、外科切除または化学療法が選択されます。胃がんの進行度によって治療方針が大きく変わります。早期の胃がんの多くは無症状です。なるべく早い段階で胃がんを発見するには、定期的に胃カメラを受けることをお勧めします。