072-725-8555

〒562-0001 大阪府箕面市箕面5丁目12-71パークプラザビル箕面1階

MENU
WEB問診
ヘッダー画像

食道がん

食道がん|箕面駅より徒歩4分の内科、消化器内科 やすふく内科クリニック

WEB予約
WEB問診

食道がんとは

食道は、のどと胃をつなぐ管状の臓器で、口から食べた食物を胃に送る働きがあります。
食道の内面を覆っている粘膜表面の上皮から発生したがんを食道がんと呼びます。
食道の内面を覆う粘膜から発生したがんは、大きくなるとその下にある粘膜下層、筋層にも入り込み、さらに食道の壁を貫いて食道の周りにある気管や肺、大動脈などの組織に広がってしまいます。
食道の粘膜は胃などの他臓器と比較し薄いため、転移しやすい癌です。また、食道の周りにはリンパ管や血管が豊富にあり、がん細胞はこれらの流れにのって臓器に流れ着きそこで増殖することがあります。
日本では食道がんは男性に多くみられ、男女比はおよそ6:1とされています。40歳代後半から増加し70歳代に発生しやすいと言われています。
食道がんには「扁平上皮がん」と「腺がん」という2種類があります。
日本では食道がんの90%以上は扁平上皮がんといわれており、残りの数%が腺がんです。

食道がんの原因

日本人に多い組織型である扁平上皮の食道がんは、「喫煙」と「飲酒」が大きなリスクとなります。
喫煙と飲酒習慣の両方がある場合、そのリスクは相乗的に増加することがわかっています。
また、遺伝子的にビール1杯程度で顔がすぐに赤くなったり、頭痛がしたりする人は、食道扁平上皮がんのリスクが高いことが知られています。

欧米に多い腺がんの場合には、胃食道逆流症によって食道の組織が胃の組織に置き換わることがリスクとなります。
また、肥満もリスクであるとされており、近年、日本においては喫煙者が減ることで扁平上皮がんが減ると予想される一方で、生活習慣の変化やヘリコバクター・ピロリ菌の除菌の普及によって腺がんが増加することが予想されています。

食道がんの症状

食道がんは小さいうちは無症状であることがほとんどです。
多くは胃カメラ検査で偶然発見されるため、早期に発見することが難しいがんの1つといわれます。
がんが比較的小さい場合には、自覚症状として食べ物を飲み込んだときにしみる感じ、チクチクする感じがすることがあります。
がんが大きくなってくると、食べ物のつかえる感じや、声の枯れる感じ、咳、体重減少などがみられるようになります。

検査・診断

早期の食道がんの発見・正確な診断には、経験豊富な専門医による最新の内視鏡機器を使った内視鏡検査が必須です。特に画像強調システムは有効で、食道がんの発見率向上に大きく貢献しています。当院では、最新の内視鏡(画像強調)システムを用いて検査を行っております。安心して内視鏡検査をお受けください。
胃カメラ検査:生体検査などで診断を確定するために行う検査
CTスキャン、エコー検査、PET-CT検査:がんの広がりをみるための検査
心機能検査、呼吸機能検査、腎機能検査、血液検査:全身の状態を調べるための検査
上記を用い精査をすすめ、食道癌のステージ分類を施行します。粘膜への浸潤、リンパ節の広がりの程度、多臓器への転移(遠隔転移)を総合して判断します。

食道がんの治療

治療は内視鏡治療、外科手術、放射線、化学療法の4つの治療法があります。各種検査の結果を総合的に評価して、がんの進展度と全身状態から治療法を決めます。ある程度進行した場合には、外科療法、放射線療法、化学療法を組み合わせた集学的治療を行われます。画像強調システムを使用すると、早期の食道がんでも発見・診断が容易になります。早期の食道がんであれば内視鏡治療での治癒切除が可能ですので、体への負担もかなり小さく済みます。早期発見をこころがけましょう。